史跡を訪ねる

諏訪神社
すわじんじゃ


社殿正面


鳥居を仰ぎ、参道が続く


御影石神明づくりの鳥居


■鎮座地 茨城県鉾田市安房字
諏訪1421番地 【地図参照】

■交 通 アクセス
フォレストパーク メロンの森を目指してください

■信仰・由緒 信濃國(長野県)諏訪より勧請し
建御名方命(たけみなかたのみこと)
八坂刀女命(やさかとぬのみこと)の
両神を合祀する。

■創 立 1750年代の火災により、神社・
古文書等を焼失したために、
年代は不詳。
伝承によると、貞観十四年(西暦
872年)7月27日信濃國(長野県)
諏訪より勧請し祀る神社。
1750年代と大正10年の2回の
焼失後、大正13年氏子諸家の
協賛により社殿を再建し、
現在に至る

■例 祭 豊穣を祈願し、毎年旧暦7月27日
に行われ、
神饌幣帛料(しんぜんへいはくりょう)を
供進した。
当日は、安房氏子中より、毎年
輪番に男小児二名を選抜し、
神前において相撲奉納の式典が
あった。
現在では、開催されていない。

■文化財指定、等 鉾田市重要文化財
茨城県緑地保全地域指定

■管理者靭負地区、安房地区


町の重要文化財の標

社前には相撲土俵が築かれている

参拝の作法(ニ拝ニ拍手一拝)

境内右にある

「至誠」の記念碑・再建時の協力者名が刻まれている

社殿正面にある社名

社殿の奥にある宝物殿

社殿の奥にある宝物殿

境内奥にある

境内左にある

諏訪神社入り口の標柱・日露戦捷記念
村社の文字は戦後の政教分離の原則により
抹消として、セメントで埋められている

社殿と宝物殿



境内には樹齢を重ねた巨木が林立している

社殿と宝物殿

by ライフステージ

TOPページへ  サイトマップへ